プロフィール

ma‐hiro

Author:ma‐hiro
☆ma-hiro だニャン☆

ダンナ1匹!?と
ニャンコ2匹と共に
楽しく毎日を送る
ma-hiro の
日々のひとりごと・・・
 


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


最新トラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペアサロン

前ネタは“市”の母親学級のお話ですが、
今度は分娩予定の“病院”のペアサロンに夫婦で参加してきました!

このペアサロンは、立会い出産希望の夫婦が参加する講習です☆


前回の市の両親学級では
ダンナはバリバリ二日酔いだったため
このペアサロンの数日前から更にクギを増量して!?刺しておりましたが
ま~た前日呑みに行きやがった(;一_一)

まぁ、当日は二日酔いではなかったようなので
今回は勘弁してやるか(ーー;)



出産予定日が近い夫婦が10組くらい参加していたかな…

まずは自己紹介から…
18歳同士の若き夫婦もいて、結婚歴は違えど
これだけ年齢の離れた夫婦と出産に関してはスタートが一緒って
スゴイことだな~と思いました(>_<)

将来、授業参観とか行くとこれだけ年齢の離れたママさんが
普通にいるんだと思うと、あぁ、自分磨きを頑張らなくちゃ
子供が可愛そうだなぁって
大~分先の余計な事まで考えちゃいました(^^ゞ




まずは部屋を暗くして、助産師さんがとある詩を朗読。
赤ちゃんからの視点のお話で


『ボク(ワタシ)は、
このお母さん・お父さんならボクを幸せにしてくれると思って
お母さんのお腹に宿ったんだよ』



というメッセージに目頭が熱くなりました(>_<)
アタシたち夫婦が頑張って子供を作った、とかいうのではなく
赤ちゃんの方から、こんな“波乱万丈”なアタシたち夫婦の元を
選んで来てくれたんだぁと思うと
ありがとうの気持ちでいっぱいです!





その後、実際こちらの病院で出産した方の出産シーンのビデオを見ました。
・二人目の出産で静かに落ち着いて挑むママさんと
・初めての出産で呼吸も乱れ、ちょっと奇声!?っぽい声をあげて
 陣痛の痛みに困惑しているママさん
の2パターンを見ました。
自分は後者のパターンになるんだろうな、
と思うとちょっと不安になりました。





ママさん同士、ハンドマッサージをし交流を深める時間の最中、
ダンナさん達は装具をかぶっての妊婦体験~!!!!!!

オッ!
前回市の両親学級でウチのダンナは二日酔いで断念していたので
この日出来て(アタシが)良かった~(*^^)v
ダンナさんたちの感想として、“色々家事を手伝ってあげよう!”
という結論が出たそうです(笑)





その後は実際の陣痛が始まったらどうするのか、とかの講義。
陣痛の最中、“便意”をもよおすらしく、その時は付添いのダンナさんが
ママさんのおしりの穴あたりを手、または膝で抑えるという
荒業まで教えてもらいました(笑)。

そのまま通ろうとしたら通れない狭い骨盤の間を、
赤ちゃんは自分の頭の骨を折り重ね合って縮め
通れる方向に自分から方向を変え、
最後は母親のいきみと赤ちゃん自身の力で出てくるそうです。
助産師さんは最後の最後にお手伝いするだけです。と言われ、
改めて出産って神秘的だなぁと思いました。





講義も終わり、実際入院する病棟と、陣痛室・分娩室の見学に!
分娩室では実際分娩台に乗らせてくれて実感が湧いてきました!

ヨッシャ―!! かかってこんかぁ~い!!!!!

って感じ!(^^)!

分娩室にはベッドが2台あり、
隣でも分娩中だったらちょっと気が散りそうですが(^^ゞ

病棟では、3日前くらいに赤ちゃんを出産したばかりのママさんから
体験談も聞け、とても参考になりました♪






このペアサロンは、同じ病院で出産予定の夫婦たちだけだし
助産師さんもこの病院の人なので、色々質問もしやすかったし
あと少しと迫ってきた出産に対して、更にイメージしやすかったです♪

参加して良かったです♪











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mahiro426.blog11.fc2.com/tb.php/205-1aad1fe4

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。